最先端ナノ材料を生み出すコア技術

日本で発見されたカーボンナノチューブ(CNT)をはじめとする様々な炭素系ナノ素材(単層CNTや多層CNT、カーボンナノホーンなど)は、その高い導電性や強靭さ、軽さなど、多くの優れた特性を持つ素材として着目され盛んに研究されています。しかし、選択的生成方法や高収率化、分離精製を工業的スケールで実現する技術は確立されておらず、これまでの産業利用は限られたものでした。最大の課題はCNT同士に働く強い分子間力相互作用による不可逆で強い凝集性です。

ナノサミット株式会社は、古月文志(東京大学特任教授)が開発した分散技術により、大量かつ安価にCNTを高度に均一分散する技術を工業レベルで実現しました。分散剤の改良、技術の高度化は現在も続けており、他の追随を許さない独自技術です。

この分散技術は、CNTの塗料化や他の素材と均一混合による複合化を可能にし、CNT発熱シート、導電性繊維、セシウム吸着フィルターといった高機能な最先端ナノ材料の開発を可能にするナノサミットのコアコンピタンスです。

AFM03