ナノ素材から未来を創造する

代表取締役

熊谷 弘太郎

1973年6月23日生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。2003年、FINIX株式会社を設立、代表取締役に就任し、レアメタルの輸入事業等を行う。2009年、ナノサミットインターナショナルリミテッドを設立、代表取締役に就任。2013年、ナノサミット株式会社の取締役に就任(兼務)。2014年よりナノサミット株式会社代表取締役に就任。

ナノ素材とは、10億分の1メートルサイズの分子です。もっともよく知られたナノ素材のひとつにカーボンナノチューブ(CNT)が挙げられます。軽くて丈夫で導電性があり、日本が国をあげて研究してきた素材です。

しかし、新素材としての魅力を十分に引き出した最先端材料の開発は非常に難航しました。その最大の理由は、CNT分子同士の高い凝集性にありました。例えば、ホットケーキを作るときに、上手に粉が水に分散せずダマになったとします。不均一に焼きあがったホットケーキは美味しくないですし、商品価値は低くなります。CNTは、この「分散」が非常に困難な素材なのです。そして、このCNTの分散を大量に安価に実現する技術を、古月文志東京大学特任教授が見出しました。

まさにブレークスルーです。飛行機や車などで現在使われている軽くて丈夫といわれる材料がさらに軽くなる。燃費が良くなる、コストが下がるといった効果だけでも、世界のインフラが激変するでしょう。スマートフォンの画面も刷新され、家やビルのガラス窓がスマートフォンのように高機能化し、SF映画のような未来が現実になるでしょう。

ナノ素材を高度に分散できることは、他の機能性素材と混合し、分子レベルで制御された様々な分子集合材料を創出することを可能にします。それはこれまでの材料の常識を超えた新領域です。

私たちは、ナノ素材の強みを活かした最先端ナノ材料のトップランナーです。そこから生み出す高機能材料で未来を創造し続ける企業を目指します。